インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります

そして、その中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

査定金額が幾らぐらいになったかを知るためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

続きを読む

過去に事故を起こした車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超

過去に事故を起こした車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

残された選択肢はというと、自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。そしてもうひとつは、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。 続きを読む

何社かの買取販売店から査定

何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

image143

これをどこにいても実施できるようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

さらに、この相見積もりの中には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に実査定をしてもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。 続きを読む

買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類

買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何種類かの書類が入り用になってきます。

続きを読む

いま乗っている車を売却したいと思っているときに査定価格を知る方法

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低い買取り価格になるようです。

続きを読む

自動車が欲しいという人が多い時期は自動車を売却

自動車が欲しいという人が多い時期は、自動車を売却する人にとっても自動車を高く売るチャンスですね。

自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、買取価格は自然と上がります。

一般的に会社の決算月である3月と9月はその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

続きを読む

国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎます

国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

言われるがままに売って大損するケースも外車にはよくあることです。

最初から外車専門業者に的を絞ったほうが、外車に乗る客層のニーズを理解しているので不当な安値をつけられる心配というのがありません。

続きを読む

いっぺんに多くの中古車買取業者に予約

いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、皆一様に車の査定をお願いする事を相見積もりと呼んでいます。

相見積もりをしてもらうと何が得かというと、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

中には相見積もりを依頼すると嫌悪感をあらわにする業者もいますが、相見積もりを快諾してくれる業者は車を購入したいという意欲が高いところがほとんどで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。

相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために抜群に効果的な方法なのです。

続きを読む

文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者

車の査定についてですが、文字通り買取業者が出張してくる出張査定の利用者も多数います。

業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、運転しなくて済むのでガソリン代も浮きます。

しかし、勧誘を断れないなど交渉事が苦手なら業者が出向いてくる出張査定を選ぶより、自分で買取業者のお店まで運転して査定を受ける方がいいかもしれません。

「わざわざ来てもらったのに悪かった」等そういう負い目の感情を持つと、なかなか断るのは難しくなるようです。

続きを読む

車の査定では走行距離が短い方が査定の額が高くなる

車の査定の際、走行距離が短い方が査定の額が高くなります。

走った距離の長い方が、その分だけ車が悪くなってしまうからです。

だからと言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとサギですから、走行してしまった分は仕方がありません。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。

仮に車内の清掃が完璧であったり、前もって洗車して磨き上げたところで、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

ユーザー個人が出来る掃除であれば買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。

といっても、利点がないわけではありません。

続きを読む